大都会の「孤育て」と「拡張家族」


夫と私だけの「孤育て」ってやっぱりつらいよな…

でも、この大都会東京で、気兼ねなく、家を渡り歩いて遊んだり、

心許せる大人たちの中で、子どもを育てるって難しいよな…

 

って、思っていたら、

なんと!!!

「拡張家族」というカタチで、

それを実現しているコミュニティがあるではないですか。

 

面白そうだなと思って、

Ciftメンバーであるさおたんやねこさんをつうじて、

何度もお邪魔させてもらって、

「拡張家族」の様子を見させてもらって。

「家族」って、

コミュニティの一番最小単位。

 

一緒に暮らしているから、

以心伝心するわけではなく。

 

お互いのことを思いやって、

コミュニケーション取ったり、

家族として目指すべきチームの在り方を模索したり。

 

薄い膜を少しずつ少しずつ、

日常にまみれながらはっていって、

ようやく安心できる土台ができて。

 

その安心があるからこそ、

次の冒険や広がりができるなあって。

 

そんな家族の在り方を、

夫や娘とつくっている途中だけれども。

 

婚姻関係も血のつながりもない、

複数の人たちと「家族」の在り方を実践する、

そんなCiftに入ってみて、

自分自身に起きる化学反応を楽しんでみたいなと思って、

今、ここにいます。