「家族のかたち」を特集する、1歳のママ編集者の思い


私の家族は、夫と、1歳の息子の“もっち”。

そして、猫の福ちゃん(6歳)。

家族は、心から安らげる自分のベースキャンプ。

 

安心・安全な場所。私がつくった“自分の家族”です。

 

生まれ育った地方は、保守的な風土で、

家族とは価値観が合わず、小さい頃から家を出ようと思っていました。

結婚は、家を出て自由になる手段のひとつだったのかもしれません。

 

そんな私は、WEBメディアでニュースを書く仕事をしています。

働きかたやライフスタイル、カルチャーを通じて、

 

一人ひとりが自分らしく生きられる社会を発信してきました。

ジェンダー、LGBT、マイノリティ……

一人ひとりの生きかたと向き合っていたら、

現代の「家族のかたち」に行き着きました。

 

ひとりで生きてもいい。

誰かとともに生きてもいい。

結婚や子育ての選択肢があってもいい。

 

ひとり、ひとり親、事実婚、夫婦別姓、

同性婚、LGBTファミリー、里親、特別養子縁組……。

多様な「家族のかたち」を可視化したい。

血のつながらない共同体のかたちもある。

そんな思いで、特集してきました。

 

そうして出会った「拡張家族 Cift」。

個人と個人が価値観でつながり、「共に働き、共に暮らす」。

拡張する家族が、「平和活動」に挑戦する。

 

「社会」や「未来」を語るのではなくて、

「個人」が「今できること」を実践して広げていく。

新しい「家族」のつくりかた、これからの共助のありかたでした。

 

原稿を書きながら「拡張家族」のコンセプトと向き合って、

私は日々、多様な「家族のかたち」を伝えているのに、

自分自身には、自分のつくった家族しかないなあ、と気づかされました。

 

小さな家族で、仕事と家事と育児をして、余裕を失っていたけれど、

拡張する家族で、全部シェアしてみたら、暮らしが変わるかもしれない——。

 

他人と家族になるってどういう感覚だろう?

肌感覚でわかってみたい。そう思いました。

 

1歳の息子もっちは、Ciftで楽しく過ごしています。

友だちと、Ciftの廊下で高速ハイハイして、

家と同じように、笑って泣いて、ごはんを食べる。

生きていると、どこにいてもやることは同じだと気づかされます。

 

Ciftに「もっち!」と声をかける人がいる。

小さな彼の世界は、垣根なく広がっていく。

私も、息子と一緒に、自分の家族を広げてみたいなあ。

これが、私がCiftに入る理由。