家族がほしかった。Ciftに入ることを即決した理由。


なぜCiftに入ったのですか?

今やっている(プログラミング・デザインに特化した発達障害者向けの就労移行支援)GIFTED AGENTでも、新しい社会をつくるために家族的な組織をつくることを目指していて、同じようなことを目的にしたコミュニティがあると知り、興味をもちました。

Ciftのことを書いた記事を読んで、その記事を書いた人のFacebookに「入りたいです!」とコメントしたら、「つなげるよ」という話になって、発起人の藤代くんとやりとりして、その日のうちにCiftに入ることを決めました。

夜11時にSkypeで話して、拡張家族で共同生活というのは、やりたいことがほぼ一緒だなとわかって、部屋を契約したんです。

−どうしてCiftのような場を求めていたのか?

家族がほしかったんでしょうね。

あと、社会課題を解決するときに、それを解決していくのは、組織ではなく、家族的な共同体だと思っています。

−組織と家族的な共同体の違いは?

組織は、役割を果たせなくなったら価値がなくなってしまいます。たとえば、プロサッカーチームでは、サッカーが上手いことが価値。だから、ケガをしたら価値がなくなってしまう。

でも、共同体はサッカーが好きだから集まっている。その場に共感し、価値観を共有している人が集まるのが、家族的な共同体です。

−これからCiftでどんなことを実現していきたい?

Ciftの拡張家族観を外に広げていきたいし、GIFTED AGENTでもやっていきたい。2018年の2月に結婚して、10月に子どもが生まれる予定です。子育てもCiftでやっていこうと思っています。