Take a look at yourself and then make a change


私の勝手な、もしかしたら失礼な思い込みかもしれないけれど。

歌を歌う人には、シャイで口下手で繊細な人が多い。ような気がする。

少なくとも私が出会ってきた人達の中では、その割合は断然多い。

普段上手く表現出来ない言葉や思いを、全部歌に乗せている気がする。

ボイストレーナーはクライアントの声や歌を良くするのが仕事であり、そのための技術が必要不可欠ではあるものの、トレーナーの人間性は時に技術以上に重要なのではと思うことがある。

心と声というものは密接に繋がっていて、クライアントが心を閉ざしてしまえば、良い声、良い歌を引き出すことは出来ない。

声という目に見えない楽器を扱う中で、「この人が言うなら信じられる」「この人の前なら心配を恐れずにチャレンジしてみようと思える」そんな風にクライアントに思ってもらえるような関係性、空間作りが大切になってくる。

自分にそれが出来るのか?自分は先生と呼ばれるに値する人間なのか?

人の声や歌にどうこう偉そうに言う以前に、自分自身はどうなんだ??

そんなことをよく思う。

レッスンは楽しい。やりがいも感じる。心から。

でも自分にはこの仕事は向いていないのかもしれないとも思う。

下手すればクライアント以上にシャイで口下手で繊細で、かなり面倒くさい自分。

どうしたらもっと自分が人として成長出来るんだろう。

こんな殻さっさと破って、もっといろんな人と関わるべきなんだろう。

でも傷つくのが怖い。

でもこのままじゃいけないのはわかってる。

でも。

そんな中、CASTの部屋が空いたという知らせと共に、Ciftへの誘いを受けた。

正直最初は自分には無理だと思った。

入ったところで何の貢献も出来ないし、とか。

誘ってくれた友人も、誘ってはくれたものの、私を心配していた。

でもその友人を訪ねてゲストとしてCiftの人達と関わる度に、

「この人達となら、もっと自分を開いていけるかもしれない」

なぜかそう思えた。

Michael JacksonMan in the Mirror。私の大好きな曲。

If you wanna make the world a better place

Take a look at yourself and then make a change

世界をより良いものにしたいのなら

まずは自分自身を見つめ、変えていこう

世界平和とか、自分には大きすぎてよくわからないし、

自分が何の役に立てるかもまだわからないままだけど。

まずはこれからここで自分自身がどう変わっていくか、見てみたいと思った。

それが私のCiftに入る理由。