「健康は、平和の最低条件」鍼灸師の思い


2017年7月にシフトメンバーである河村和紀さんの生き方に興味を持ち、学びたいと思い、かばん持ちをお願いしたのが大きなきっかけでした。

そこから約半年間、Ciftメンバーではないものの、ほぼ毎日Ciftで作業していたこともあり、多拠点メンバーよりもCiftに出入りしていました。

共に暮らすという部分ではたくさんの時間を過ごさせてもらっていました

その中で拡張家族、平和活動って何が行われているのかを肌で感じながらも、「Ciftメンバーではない」と心の引っかかりもありながらも過ごしていました。

そんな中今回、声をかけていただき、家族になると言うことで僕の中でCiftでいかに主体性を持って行動するか、その中で自分なりの平和を表現していくか、挑戦だと思っています。

僕の中で健康であると言うことは、平和の最低条件だと思っています。

でも健康という定義は人それぞれ違っていていいものだとも思っています。

違う中でも個人ひとりひとりが健康に意識を持ち、そこに向かって行動することが大事だと思っています。

こういった自分の考えの中でコミュニティ、家族の中で健康を創るという文化をみんなに共有し、拡張するという平和への第一歩を踏み出したいと思ってます。

自分への挑戦。

平和への挑戦。

まずCiftで健康への道しるべになる。

これが僕がCiftに入いる理由です。