ぼくは、20代の時、社会を捨ててヒッピーになった。


僕は20代の時、社会を捨ててヒッピーになった。世界中を巡る旅と仲間と共にただただ生きていた。日本語はほとんど話さなかった。

時代が過ぎて行き、晴れてヒッピーであり外国人になった僕は、日本の社会、暮らし、価値観がどんなものか、もはや忘れてしまっていた。

日本では最近、子供を公園でボール遊びさせたら捕まるらしい。
日本では最近、お店が客をダンスさせたら捕まるらしい。
日本では最近、シェアリングナンチャラが増えているらしい。
日本では最近、鬱になって自殺する人がいるらしい。
日本では最近、墓じまいが流行っているらしい。

1950年代からの高度経済成長で、長屋文化は消え、1Kのアパートが残った。隣に誰が住んでいるかもわからない。

年功序列とネット社会以前の強いつながりを持つ「会社」というコミュニティは消え、僕らはひとりぼっちの個人になってしまった。。。

そんな個人から、新しい価値観が生まれ再び、対話をしようとする人たちが生まれて来た。

共に暮らし、共に働く、対話する、助け合う。
日本では今後、新しい家族という価値観が生まれてくるらしい。

みんな「家族」に戻ろう